腰椎椎間板ヘルニアの原因を知ろう|治療をして快適な生活を送る

相談

早期の受診がカギ

近年の外科療法

笑顔

頚椎椎間板ヘルニアとは、中枢神経である脊髄を通す首の骨頚椎を支える軟骨組織椎間板の組織が何らかの原因で破壊され、脊髄やそこから枝分かれした神経根を圧迫してしまう状態のことです。主に一側上肢の痛みやしびれを起こすタイプと、両側上肢・下肢の運動・感覚障害を起こすタイプに分かれ、一般的には後者の方が症状の進行が早く、重症度が高いとされます。たいていの頚椎椎間板ヘルニア患者は、頚椎カラーや生活指導などで完治に持っていける可能性が大きいのですが、前述した重症度の高い患者の場合は手術などの外科治療が必要です。従来は全身麻酔下で切開を行い、椎間板を取り除くラブ法切開手術が主流でしたが、医学の進歩とともに身体負担の少ない治療が開発され、現在ではレーザー内視鏡手術やPLDDレーザー治療が主流となっています。中でも、後者は知名度こそ低いものの、もっとも身体負担が少ない治療として近年の医学界で脚光を浴びています。

即日帰宅も可能な手術

PLDDは経皮的レーザー椎間板髄核減圧術の頭文字をとった名称であり、ヘルニア箇所に局所麻酔を打ってから針を刺してレーザーを椎間板に照射するだけの手術です。まったくの無傷ではありませんが、内視鏡手術よりも傷口が小さく済むため、患者の精神的・身体的負担が少なく済むというメリットがあります。また、身体状態によっては即日帰宅も可能であり、デスクワークなど負担の少ない仕事であれば次の日からの復帰も場合によっては可能です。ただ、頚椎は重要な神経が多数通っているため、頚椎椎間板ヘルニアの手術には特に熟練の腕が必要とされます。また、現在PLDDは保険適応ではなく、費用が割高になりやすいことも知っておかなければなりません。さらに、PLDDを宣伝材料として使う医療機関も存在し、こういった場所では粗悪なレーザーが旧式で、組織を傷つけやすい治療などが行なわれることすらあります。しかし、痕が残らない治療を受けられるという点では、PLDDのもたらすメリットは大きなものでしょう。生活をもっと楽しみたいという頚椎椎間板ヘルニア患者のためにも、優良な医師がより増え、この治療の知名度が上がることを期待しましょう。

Copyright © 2015 腰椎椎間板ヘルニアの原因を知ろう|治療をして快適な生活を送る All Rights Reserved.