腰椎椎間板ヘルニアの原因を知ろう|治療をして快適な生活を送る

病室

急な発熱

カウンセリング

急な発熱に備えるためにも、城東区のどこにどんな内科があるのかを事前に知っておきましょう。そのためには、電話帳を使うと大変便利です。電話帳には、病院の住所や電話番号が掲載されています。また、インターネットも病院に関する情報集めに役立ちます。

Read More...

早期の受診がカギ

笑顔

頚椎椎間板ヘルニアの新たな外科手術のひとつに、PLDDレーザーを用いた治療があります。身体・精神的な負担が少なく、即日帰宅も望めることから、近年注目されている治療です。保険適応ではなくまだまだ知名度は低いのですが、メリットが大きい手術であり、これからの発展が期待されます。

Read More...

椎間板ヘルニアを治すには

腰椎椎間板ヘルニアの治療は2種類あり。医師と相談して、自分に最適な方法を取りましょう。長期的に続いた痛みとさようなら。

腰部での発症が最も多い

医者

椎間板ヘルニアと言えば腰痛を引き起こす病気、というイメージが一般にありますが、正確に言うと腰痛の原因となるのは腰椎椎間板ヘルニアという疾患です。椎間板は脊椎を構成するブロック状の骨である椎骨の間にある組織で、骨同士をつなぐ役割を果たしています。そのため内部はやわらかく、ジェル状になっています。この中身が外にはみ出し、脊髄を刺激するのが椎間板ヘルニアです。ちなみにヘルニアとははみ出した組織を指す医学上の名称です。脊椎は上から頸椎・胸椎・腰椎の3つの部分に分かれており、椎間板ヘルニアはどの部分にも起こる可能性があります。しかし最も多いのは腰椎椎間板ヘルニアで、これは立ったり座ったり物を持ち上げたりといった日常動作において腰にかかる負担が最も大きいことが原因と考えられています。

最近では日帰り手術も

腰椎椎間板ヘルニアが引き起こす腰痛を解消するには、言うまでもなくヘルニアを取り除く必要があります。ただ、はみ出し方によってはごく軽い症状しか出ないこともあるため、治療法は痛みや生活に支障が出る度合に応じて決められます。症状が軽度の場合は、治療は保存療法が中心となります。腰に負担をかけないよう安静に保ちつつ、必要に応じて運動療法や温熱療法などを加えることで痛みを緩和します。また、鍼灸治療が併用されることもあります。重症化した場合は手術によってヘルニアを摘出する治療が検討されます。一応の目安は排尿障害が生じるかどうかですが、具体的には個々の状況に応じて決められます。腰椎椎間板ヘルニアの手術と言えば以前は一定期間の入院が必要でしたが、最近では日帰り可能なレーザー手術も普及しています。

腹部の違和感と治療法

先生

鼠径ヘルニアの症状を感じたら、すぐに医療機関に受診しましょう。手術は一時間以内とされていて、再発率も低く、医療機関によっては日帰りも可能です。手術後の回復には個人差があるため、焦らずゆっくりと日常生活へ戻りましょう。

Read More...

Copyright © 2015 腰椎椎間板ヘルニアの原因を知ろう|治療をして快適な生活を送る All Rights Reserved.